大腸に起こる重大な疾患

カウンセリング

主な症状

大腸は、盲腸、結腸、直腸から成る人間の消化器官のひとつです。その大腸に発生するがんを大腸がんと言います。発生部位によって、盲腸がん、結腸がん、直腸がんと呼ばれます。大腸がんの発生機序は、大腸の粘膜から発生した良性のポリープががん化するもの、正常な粘膜から発生するものの2つがあります。原因は、他のがんからの転移や生活習慣などがあげられます。早期の大腸がんは自覚症状がないため、健康診断などで発見されることが多くあります。症状が進行してくると見られるようになるのが、血便、下血、下痢と便秘の繰り返し、腹痛、貧血、体重減少などです。最も多く見られるのが血便になります。こちらは痔と間違えられやすいため注意が促されています。がんの発生部位によっては、排便困難、イレウスなども見られます。腸閉塞が起こると嘔吐などの症状が現れることがあります。

がんのステージ分類

大腸がんは進行の程度によってステージに分類されます。そして、このステージによって治療法が異なります。ステージ0と1は軽度浸潤と言い、がんが大腸壁の浅い部分で留まっている状態にあります。場合によっては手術が必要となりますが、多くは内視鏡での治療が行われます。ステージ1から3は深部浸潤と言い、手術が行われます。リンパ節への転移が見られる場合には腫瘍と共にリンパ節の切除も行われます。術後の再発防止に抗がん剤を使用することがあります。また、放射線治療を行うこともあります。ステージ4は、離れた臓器にもがんが転移している状態になります。除去可能な腫瘍には手術を施し、手術ができない箇所には抗がん剤治療や放射線治療が行われます。末期の場合には患者のメンタルケアが優先されることもあります。これらの治療法以外に、最近注目されている治療法があります。それは免疫療法と呼ばれるものです。自己免疫力を上げてがんを消滅させる治療になります。あらゆるがんに効果があり、大腸がんの治療としても注目を集めています。副作用がないことが最大の魅力で、医師だけでなく患者からの要望も多くなっています。

大腸ガンは早期発見すると治すことができます。そこで治すとガン自体がかからなくなる可能性が高くなります。しかし、大腸がんには、自家症状があまりないのです。このあまりない状態から大腸ガンはいきなり症状を出してきます。どうすれば、早期発見ができるのかは定期的に行われる大腸検査を受けるということです。それを受けてさえいれば、医者からのアドバイスももらえることができるので、健康で生活することができるのです。もし、定期検査を行っていない場合は、便が細くなったり、よく血便をすることができるのです。

Copyright© 2017 大腸がん治療のコツ【ガンになる前に定期検診】 All Rights Reserved.