早期発見が大切になる

病院

咽頭がんの手術後のリハビリ

咽頭がんを早期発見することは重要なことです。また、早期発見して治療を行なった後で少なくても5年は体調や再発防止する為に検査を受けなければなりません。なぜなら、再発が見つかる時期は、1年から2年と考えられているからです。また、咽頭がん手術を行なった後は、月1程度は通院するのが一般的になります。それ以降で検査を受ける時は、医師の判断になるので確認しておくと良いです。咽頭がんを手術で切開してしもすべてをカバーすることができない時は、退院を行なってもリハビリが必要になる人もいます。このリハビリでは、医師や言語聴覚士に医学療法士などが加わって声の発生練習などを行なう場合もあります。

喉の違和感は危険信号です

喉に対する軽い痛みや違和感などが何日も続くようであれば病院で検査を受けるようにしましょう。なぜなら、喉の違和感を放っておくと咽頭がんに感染している可能性もあるからです。また、病院で検査を受けることで喉の症状を改善するだけでなく、ガンに対する早期発見することもできます。さらに、タバコを吸っている人は危険に侵されている可能性が高くなります。タバコを吸っている人は咽頭がんの発症率が高く、一般の人の4倍から5倍になります。咽頭がんは、初期症状がほとんどないので、自覚症状が表れるころにはがんはかなり進行が進んでいます。他の場所に転移するのが怖いと感じている人は、喉に少しでも違和感を覚えたら検査を受けるようにしましょう。

Copyright© 2017 大腸がん治療のコツ【ガンになる前に定期検診】 All Rights Reserved.