早めに摘出

ドクター

がんは一度発見されると他の場所に転移してしまう可能性があるので、定期に検査を受けるようにしなければなりません。
がんの転移とは、がん細胞が血液やリンパ液を伝わり、他の場所に運ばれ別の場所でがんが発見されることです。特に大腸がんは、がんの中でも他の場所に転移しやすい病気です。そのため、がんを全部摘出したとしても他の場所にすでに移動していることがあります。がん細胞は、他の場所に転移して見つかるまでに時間がかかってしまいます。発見が遅れることで他の場所に転移していることもありますので、一度大腸がんにかかってしまった人は、転移してないか注意するようにしましょう。

大腸がんに冒されてしまう患者はとても多いです。大腸がんの場合は、比較的に進行がゆっくり進んでいくので、早期発見で完治する可能性が高いです。早期発見で他への転移を防ぐことができるのですが、がんができる場所によっては今後の転移に大きく関わってきます。肛門付近にがんができてしまうと便を出す時に気付くので早期発見しやすのですが、小腸付近に大腸がんに冒されてしまうと早期発見が出来なくなってしまいます。小腸付近にできてしまう大腸がんになってしまうと肝臓や肺などに転移しやすくなります。

大腸がんで治療を行なう時は、ステージごとに振り分けられています。手術は行なうのですが、その後の処置方法が変わってくるのです。ステージの軽い人は手術後に経過観察になりますが、ステージの重い人は抗がん治療や放射線治療などを行なっての対処療法になります。そのため、定期的に検査を受けることで治療しやすくなるのです。

Copyright© 2017 大腸がん治療のコツ【ガンになる前に定期検診】 All Rights Reserved.