早期発見が大切になる

病院

咽頭がんに感染していないか不安な人は、早めに医師に相談するようにしましょう。喉は初期症状が表れにくいので、自覚症状が出たころにはかなり感染している可能性が高くなります。

詳しく見る

早めに摘出

ドクター

大腸がんは早期発見と治療をすることで転移することはないのですが、発見が遅れてしまうとがんが他の場所に転移していることがあります。大腸がんは進行が遅いので定期的にがん検査受けておくと良いです。

詳しく見る

正しく理解して対応する

バスト

女性にとって恐ろしい病気の一つが乳がんでしょう。乳がんは年々発症率を増しており、決して人事とは言えない病気になりました。出産経験の少ない方や出産時の年齢が遅かった方などは、是非医療機関で検査を受けてみましょう。

詳しく見る

早期発見で治療可能

ドクターとナース

大腸がんは大腸にできるがんです。このがんの特徴は高齢になればなるほど発症の確率が高まります。そのため40代以上でリスクが高まります。また遺伝によって発症するケースも少なくなく、大腸がん患者の全体の5%をも占めているのも特徴です。

詳しく見る

特徴を知って予防しよう

医者

肝臓がんには原発性と転移性とがあり、転移性の肝臓がんを防ぐにはがんになりにくいような生活習慣に改めることが効果的です。一方原発性の肝臓がんを予防するには、その前段階となる肝炎の対策をとることが大切です。

詳しく見る

がん撃退するには早期発見

診察室

大腸は発見しずらい場所がある

大腸がんとは、人間の体内にある長さ2mの大腸から発生してしまうがんになります。大腸がんには、種類があって直腸がんや結腸がんに肛門がんがあります。この中でも日本人の体に多いがんは、結腸がんと直腸がんが発生しやすいと考えられています。大腸がんとは、大腸の粘膜から直接発生してしまう場合がほとんどです。大腸のがんはゆっくり進行していきます。がんの粘膜が表面から発生した後に、徐々に深く侵入していきます。深く侵入することでリンパ節や肝臓に肺などの別の臓器に転移してしまいます。このような状況の時は、手術と検査などを定期的に行なわなくてならなくなります。このようなことを防ぐには、病院で精密検査を行なうことで発見することができます。早い時期に見つけることで、切除の幅も少なくなります。

がんに対する費用

がんの検査や治療法にはお金がかかってしまいます。普段がんになるケースが少ないので、費用などが心配だと考える人が多いでしょう。生命保険などに加入している人は、お金を負担してくれるので考える必要は軽減されます。しかし、生命保険に加入していない人は自分の貯金を崩して治療を受けなければなりません。治療を受ける時に必要な金額は、大腸がんの摘出であれば50万以上は掛かってしまいます。また、がんの転移などの検査を入院代と合わせると平均で300万掛かってしまう場合もあるので、こうならない為にも定期的にがん検診を受けておくと早期発見するよう心がけておきましょう。

Copyright© 2017 大腸がん治療のコツ【ガンになる前に定期検診】 All Rights Reserved.